So-net無料ブログ作成
検索選択
Logger32 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

Logger32 ver up [Logger32]

logger32 ver 3.22.0 がリリースされました。
さっそくver upしておきました。

 なお、JA1NLX 吉田さんのHPに、次の注意書きがありましたので、お知らせします。
詳しいことは、例によって吉田さんのHPでご確認ください。
http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/

注意
Updateの前にLogger32フォルダにある以下のファイルを削除します。Update後に必ずRecalcを実行してください。

CreditDB32.isd、CreditDB32.isf、CreditDB32.isl、CreditDB32.ism

HamlogからLogger32へのデータコンバート [Logger32]

近所の某JR8OXT横山さんに、DXとのQSOにおけるLogger32の利便性を布教(?)しておりましたが~w
このたび、AIDFに変換して無事にコンバートできたそうです。
彼は、PCのソフト・ハードともワシに比べりゃ遙かに詳しいのですが、以外と難儀したようですねぇ。

国内QSOでのHamlogは、圧倒的と言っても良いくらい普及しているでしょう。
むろん定評のあるところでしょうし、それを否定する気は毛頭ありません。現に私も国内用として使わせてもらっていますし、すばらしいソフトだと思います。
 現在、私は、DX→Logger32、国内→Hamlogと使い分けており、シャックにある2台のPCに両方のソフトをインストールしてあります。(いずれもフリーソフトなのがありがたいです。作者や関係者に感謝します。)

でも~ DXとQSOする場合には、Logger32のほうが楽ちんなんです。
エンティティーのバンド・モード毎に在庫の有無を一瞬で表示できるあたりがグ~な感じです♪
DX用というよりもDXCC用が正解かも。(^^
そして、Logger32はLOTWに対応しているのがマルですね!

Logger32 ver 3.20.0 [Logger32]

残暑お見舞い申し上げます。
当地札幌では、秋の雲が見えております。

さて、久しぶりに、Blogの更新です。(^^;
Logger32がVer upしておりましたので、インストールしておきました。
例によって、詳しいことはJA1NLX 吉田さんのページをご参照ください。

QRP用のINIファイル [Logger32]

これまでは、JE8LWZでの運用をLoggingするだけで、それ以外のコールサインとは無関係でした。
がしかし、今年からはQRP運用を少し増やしてみようかと思っておりますので、JE8LWZ/QRPをLogger32で管理する必要がでてきました。
同一のデータファイルを使って、NOTESにQRPであることをメモしておいても良いのですが、QRP運用分のWKD/CFMが知りたいので、何か良い方法ないかと、Logger32の取説をパラパラめくってみましたところ・・・
「Logger32はデフォルトのINIファイルと別のINIファイルを設定することが出来ます。」とあります♪

Logger32のデフォルトのショートカットの一部を書き換えて、二つのショートカットを用意することにしました。
■ノーマル運用専用のショートカット 
■QRP運用専用のショートカット

それぞれのQSOデータを、Normalホルダー・QRPホルダーをつくって入れておき、必要なショートカットでLogger32を起動します。むろん、それぞれログの切り替えをして、必要なデータを読み込むようにしておかなかえれば意味がありません。(^^


logger32 ver 3.16.0  [Logger32]

Logger32がVer upしましたね。
特徴的なのは、次の点でしょうか。
■QRZ.comの参照方法が変更された
■SSB,AM、FMと別々に集計していたAward管理に、Phoneモードが新設された

詳しくは、例によってJA1NLX吉田OMのHPをご覧ください。
http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/

logger32 ver 3.15.0 [Logger32]

Logger32がVer upしていましたので、upgradeしておきました。
例によって詳しくはJA1NLX吉田さんのHPをご覧ください。
http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/

今回、一番良いと思ったのは、DX spotsのwindowの左端に一列が追加されまして、同一バンドまたは同一バンド/モードでQSOした局には×印が付く機能が追加されたことですね。
(日本語化している場合)
DX spots → 右クリック → 設定 → 表示の設定 → QSOd B4/バンド または QSOd B4/バンド・モード
これで無駄なDUPE QSOをしなくて済むかも~っ。
DX-peditionで思わず呼んでしまったら、簡単にQSOできたけど、実は同一バンド・モードだったトホホ・・・
なんて経験ありますよねぇ。(^^;

logger32 ver 3.14.0 [Logger32]

Logger32がver upしていましたので、例によって早速upgradeしておきました。
機能向上とBug修正のようですが、詳しいことは吉田さん/ja1nlxのホームページでご確認ください。
http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/index.htm

当地札幌は、寒くなってきました・・・冬到来というやつです。
車のタイヤも冬用に交換しました。

Logger32 ver 3.12.4 [Logger32]

Logger32がver upされていますね。
早速、インストールしておきました。
今回はBug fixのようですね。

DXCCのVerifyがとても便利そうですが、DXCCにOKだった全部のデータをチェックするのは大変そうなので・・・
二の足を踏んでいます(^^

Logger32 Ver 3.11.0 [Logger32]

しばらく、無線関係から離れておりまして・・・
というより、毎日ぼ~っと過ごしておりましたが(^^:
Logger32 Ver 3.11.0がリリースされておりましたので、早速インストールしておきました。

ワシの場合には、Ver3.9.0→3.10.0→3.11.0
2段階のVer upとなりました。
ただ単に、ver upを1度サボっていただけなんですが(^^

例によって、変更点など詳しいことはJA1NLX/吉田OMのHPをご覧ください。
http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/

Logger32 ver 3.9 [Logger32]

Logger32がver upしました。
例によって、すぐに更新ファイルをダウンロードしてファイルを上書きしました。
変更点など詳しいことは、これまた例によって、JA1NLX吉田OMのHPを参照してください。
TNX to JA1NLX.
http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/

今回、ワシにとって新しい機能を試しましたが、快適です♪
【その1】
Logの入力windowで右クリック → 設定 → clear callsign オンにチェック
これを設定しますと、DX spots windowをクリックして、データをRigに取り込んだときに、
「あれれ聞こえない」とか「うわ~ めちゃくちゃ弱い」といったときに、Logの入力windowの左余白あたりをダブルクリックしてコールサインをクリアしていましたが、リグのダイヤルを回してもコールサインをクリアできます。
ver 3.8の日本語DLLにBugがあったそうですが、ver 3.9ではバッチリ日本語環境でもOKです。

【その2】
今回のver upとは無関係ですが、Logの入力windowの周波数表示にポインターをおいて、右クリックして、周波数の変化量をお好みに指定します。(デフォルトでは0Hz/クリックになっていますのでこの機能は使えません。)
これでLogの入力window上にポインターをおいて、マウスのホィールを動かすと、Rigの周波数が調整できます。同時にLogger32のFREQ表示も変化します。
TNX to JE8CLT.


前の10件 | 次の10件 Logger32 ブログトップ