So-net無料ブログ作成
Logger32 ブログトップ
前の10件 | -

Show LoTW users in bold [Logger32]

久しぶりのLogger32ネタです。
いつの頃から備わっている機能なのか知りませんが・・・。
私はその機能に今日気づきました。(^^

Logbook page windowで右クリック → 設定 → Show LoTW users in boldにチェック
これでLogbookに記録されているQSOのうち、LoTWユーザーだけが太字で表示されますね。
QSLをLoTWでCFMできそうな局がわかって便利かと思います。
show LoTW users.jpg

Logger32 Rotorの方向表示 [Logger32]

いつもお世話になっている吉田さん/JA1NLXのブログを拝見していましたら、Tracking windowを使うと、Rotorの方向表示ができることを発見しました。
早速セッティング、と言っても簡単ですけど・・・。w

これがとても便利でして、アンテナを向けたい方向をマウスでクリックすることもできます。
Logbook entry windowの数字だけより見やすくて便利です。
Rotor.jpg

Logger32 RCP リモートその後 [Logger32]

週末を利用して連休前に拙宅に戻っています。
Logger32のRadio Control PanelにICOMのCI-Vのコマンドを登録しました。
普段使うコマンドは、ほぼ網羅できたと思います。

当初はFREQのボタンを用意したのですが、Logger32のLogbook entry windowで直接打ち込めるので、撤去しました。
もう何年も便利に使わせてもらっているLogger32なんですが、周波数を直接打ち込めることを初めて知りました・・・。Helpファイルもしばらくご無沙汰してましたし、そんなことはできないと勝手に思い込んでおりました。w
まさに「目から鱗」でした。(TNX to JA1NLX)

あと、Splitのボタンはワンクリックで、1KHzアップまたはダウンできるようにしてありますので、状況に応じてですが5回クリックした後に、マウスのホイールで微調整といった感じで使えます。そのとき、DUAL WATCHも使って拾われているFREQを追っかけられます。♪

なお、CW machineにもコマンドを登録できますので、こちらにはBrake inをFULL・SEMIに切り替えたりできるようにしてあります。
Ham Radio DeluxeのようにノッチフィルターやRF powerなどを連続で可変することはできませんが、Logger32だけでリモート運用ができそうです。

↓写真をクリックするとRCPの全体が見られます。
 なお、ボタンの文字数に限りがありますので、独自の略としています。w
RCP.jpg

Logger32による簡易リモート [Logger32]

本格的にリモート運用するには、Ham Radio Deluxeが便利ですが・・・。
Logger32のCW machineやRadio control panelにICOMのCI-Vのコマンドを登録しておくと便利です。
しかも、HRDにはなかったDual watchも使えます♪

VFO A、VFO B、A=B、Splitなど、通常よく使うコマンドを登録しておくと良いでしょう。
周波数もマウスのホイールで変えられますので、SplitのときにDual watchを使って拾われている周波数も追っかけられます。

ただし、バンドチェンジや大きく周波数を変える場合には、やはりHRDの出番です。

なお、HRDとLogger32はどちらもICOMのCI-Vでデータをやり取りしますので、共存はNGですね。
VSPEというソフトで、ポートの共有は可能なのですが、やはりデータの衝突(コリジョン)が頻発しますので・・・。
FTCが8MHzなどと、おかしな周波数を表示したりします。orz
現状では、VSPEでRS232Cを共有し、必要の都度HRDとLogger32を切り替えるしかないようです。
Logger_remort.jpg

Logger32 & Ham Radio Deluxe(Portの共有化) [Logger32]

今回の4連休を利用して、Ham Radio Deluxe(以下HRDと省略)のフリー版の最終版をUSBメモリーでローカルのN氏からいただきインストール。
(ver6以降はシェアウェアでして、結構なお値段だったはず。)
ところが、Logger32とHRDは同じポートを利用してICOMのCI-Vからデータをやりとりしますので、何らかの対策が必要となります。
ちなみにPort1(シリアルポート)同士なので、先にPort1を占有されていまして、後から立ち上げたソフトが正常に機能しなくなります。w

そこで、あちらこちらのWebサイトを徘徊すると、どうやらVSPEというフリーソフトでPortのバッティング問題を解決されているらしいことが判明。
http://www.eterlogic.com/Products.VSPE.html

私が使用しているPCのOSはWindows7の64bit版ですが、とりあえず32bit用のソフトで試してみました。
(32bit版はフリーですが、64bit版は有料。というかマイクロソフトにライセンス料を払うためにやむを得ず有料にしているらしいです。)
概要としては、実在するPort1(シリアルポート)をソフトでSplitしてやり、ヴァーチャルのPort2に割り当てることになります。(ヴァーチャルPortは実在しない(使用していないPort)なら何でも良く、例えばPort3でもPort8でも良い。)
つまり、実在するPort1をソフト的にタコ足配線してやることとなります。
ヴァーチャルのPort2がタコ足になりますので、Logger32とHRDのPort設定をPort2にしてやれば、どちらも同時に動きます。
以外とあっけなく終了。(^^ゞ

ところが、使用中のOSが64bitなのでVSPEを利用(Windowsのスタートアップに登録)するたびに、ライセンスの購入を促されます。
これには降参しまして、すぐにライセンスを購入しました。
日本円に換算すると2700円ほどでしょうか。



Hamlog Logger32 データコンバートなど [Logger32]

Logger32からデータをADIFにエクスポートして、それをExcelに変換するマクロが存在することが、JA1NLX,吉田さんのLogger32の掲示板に載っていましたので、試してみました。
http://www.mydarc.de/DL1HW/
なかなか便利そうです♪
Excelに変換してしまうと、特定のバンドのデータだけ削除するといったことも簡単にできるかと思います。
例えば、国内もDXもHamlogのデータが蓄積されているので、一括してADIFにエクスポートして、このうち6m bandだけは国内QSOがほとんどなので削除してLogger32でLoggingしたいといった場合に便利かもしれません。
この逆をやれば、DXとのQSOを削除して、6m bandだけは引き続きHamlogでLoggingしたりできるのではないでしょうか。

http://ja2bqx.web.fc2.com/
こちらのJA2BQX局のサイトのSoft for THW5に、H_conv_L 5.12という超便利なコンバートソフトが提供されていますので、これらを使うとHamlog ←→ Logger32のデータに関しては、かなりいろんな事ができそうですね。

Logger32  3.38.25 [Logger32]

Logger32のupgrade verの導入を暫くサボっていましたら、既に3.38.25になっていました。
3回くらい更新していなかったことになります。w

進化し続けるLogger32ですが、一番嬉しかった機能は、その年のDXCCエンティティーのWKD/CFMを集計できるようになったことですね。
試しに2011年の成果を集計して、Excelのシートに変換してみました。
グラフにしたりとかいろいろと遊べそうです。

以外だったのは、10mでQSOしたエンティティー数が一番多かったということです。
10mは秋のCONDXがけっこう良い感じでしたもんね~ 私は自称"テンメーターマン"ですし。(^^
ま~ それだけ在庫が少ないということにもなりますけど。

80mのDXCCをゲットすべく、秋から冬にかけて頑張ったつもりなんですが、1年で46エンティティーをWKDということになりました。
2012_dxcc.JPG




表示されていませんが全バンドでは、143WKD/106CFMという結果。
one year DXCCというのはありませんけど、1年間それなりにアクティビティーを保つと、100エンティティーくらいCFMできるのですねぇ・・・。

Logger32 ver3.32.0 [Logger32]

いつものように吉田/JA1NLXさんのHPによると、次のLogger32 ver3.32.0では、「Logbook Entry Window callsignフィールドに入力されたcallsignがLoTWユーザーの場合、チェックマークが表示されるようになった。」との事です。
http://www.asahi-net.or.jp/~yy7a-ysd/
これは、便利そうですね♪
Ver upが楽しみです。

4/23 追記
ver upしました。
LOTWユーザーだと、チェックマークが表示されて、一目瞭然です♪
d(^O^)b

DX Spots windowでのLOTW userの表示 [Logger32]

いつのverからか、こんなに便利な機能が付加さrていたのですねぇ。
気づきませんでした・・・(^^ TNX JE8CLT

1 DX Spots windowで右クリックして設定→Load LOTW users fileを選択
2 Download from internetをクリックして、Save dataをクリック
3 DX Spots windowで右クリックして設定→表示の設定→LOTW User(下から3つめ)にチェックを入れる
4 DX Spots windowで右クリックして設定→表示の設定→Crdited/confirmed/worked→Crdited/confirmed/worked colorでLOTW userの色を選択してApply

これで、DX Spots windowにLOTW userの局がスポットされ多場合には、左端に選択した色が表示されます。
デフォルトでは緑でしたが、結構ウルサイので・・・w
薄いグレーに落ち着きました。
もちろん色は好みがありますから、一概には言えません。(^^

1.JPG
1-5.JPG
2.JPG
3.JPG

Logger32のPJシリーズへの対応 [Logger32]

いつもお世話になっているJA1NLX吉田さんの掲示板を参考にさせていただき、PJシリーズの2減4増にLogger32のEntityを対応させました。
1 Logger32を最新版にアップグレード(Current verは3.28です)
2 Latest Country Files for Logger32 version 3.28 をダウンロードして解凍の後に、既存のファイルに上書き
3 新たにQSOしたデータのCountry infoを手動で書き換え(Logbook page上で右クリック→編集(Country info)で選択してApply)
http://www.logger32.net/program.html

現存エンティティーは340になりましたね~
DXCCでは2011年1月1日以降にエンドーズメントを受け付けるそうです。
前の10件 | - Logger32 ブログトップ