So-net無料ブログ作成
検索選択

Logger32による簡易リモート [Logger32]

本格的にリモート運用するには、Ham Radio Deluxeが便利ですが・・・。
Logger32のCW machineやRadio control panelにICOMのCI-Vのコマンドを登録しておくと便利です。
しかも、HRDにはなかったDual watchも使えます♪

VFO A、VFO B、A=B、Splitなど、通常よく使うコマンドを登録しておくと良いでしょう。
周波数もマウスのホイールで変えられますので、SplitのときにDual watchを使って拾われている周波数も追っかけられます。

ただし、バンドチェンジや大きく周波数を変える場合には、やはりHRDの出番です。

なお、HRDとLogger32はどちらもICOMのCI-Vでデータをやり取りしますので、共存はNGですね。
VSPEというソフトで、ポートの共有は可能なのですが、やはりデータの衝突(コリジョン)が頻発しますので・・・。
FTCが8MHzなどと、おかしな周波数を表示したりします。orz
現状では、VSPEでRS232Cを共有し、必要の都度HRDとLogger32を切り替えるしかないようです。
Logger_remort.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。